電子書籍の文字数はどれくらい?分量は?

PAK86_pennotekakikomi20140312

まず、どんな電子書籍を出すのか?

このページでは電子書籍の文字数や分量について解説していきます。

電子書籍の分量は、内容として、

「何を書くか」

によって変わってきます。

一般的な電子書籍を書く際は、
それなりの分量で書く必要はあります。

しかし、

・オーディオブック
・ムービーブック

を書くのであれば、
分量はそこまで求めなくてもいいです。

このページでは上記の違いについて、
それぞれの分量を解説します。

まず、原稿を書くにあたっては、
「書くためのソフト」が必要になります。

一般的には

Word

が使用されることが多い。

Macを使用している方であれば、

pages

を使用する方もいるでしょう。

いずれにせよ、文章が書けるソフトを用意してください。
その点、Wordだと縦書きで書き進めることができるのでオススメです。

なぜなら、電子書籍になった時のイメージが涌きやすいからです。

では、Wordで書いていくということで、

何文字くらいが適切なのか?
何ページくらいが適切なのか?

についてこれから書いていきます。

まず、Wordをお持ちの方は、
Wordの設定から縦書きに変更してください。

その上で、以下の指定をしてください。

【縦36文字 × 14行】

このWordの設定ができたら、
それを元に解説します。

読みやすい電子書籍の特徴

電子書籍は一般に書店で売られている「書籍」よりも、
少ない分量でも大丈夫です。

書店のビジネス書の分量と比べると、
半分くらいの分量で大丈夫です。

先ほどの

【縦36文字 × 14行】

の原稿でいくと、

・100ページ〜130ページ
・文字数としては2万字

くらいが読みやすいでしょう。
目安としてお使いください。

オーディオブックやムービーブックとは?

・オーディオブック
・ムービーブック

というものご存知ですか?

「オーディオブック」とは、

電子書籍に音声を付けて、
音声の提供をメインとしている電子書籍です。

「ムービーブック」とは、

電子書籍に動画を付けて、
動画の提供をメインとした電子書籍です。

こういった電子書籍の場合は、
文字よりも音声や動画がメインとなり、
そこまで多くの文字数は必要ありません。

目安としては、

・30ページ〜40ページ
・文字数は5000文字程度

でいいでしょう。

ぜひ参考にしてみてください!