電子書籍を出版するために準備すること

PAK73_MBAsawarukey20140312

このページでは電子書籍出版のおおまかな流れを解説していきます。

1、原稿を用意しよう

電子書籍出版を行うには、当たり前ですが原稿は必ず必要になってきます。一般の電子書籍なら、ある程度の分量が必要です。

もちろんオーディオブックやムービーブックなど、
動画や音声をメインとする電子書籍なら、短くてもいいです。

原稿がないことには始まらないので、まずは書けるだけ書いてみましょう。

2、Amazonに登録してみよう

Amazonアカウントは、下記のAmazonのサイトから登録ください。

http://www.amazon.co.jp/


3、KDPに登録してみよう

Amazonのアカウントが取得できたら、
次はKDP(Kindle direct Publishing)への登録です。

KDPへは、下記のサイトから登録できます。

https://kdp.amazon.co.jp/


2〜3を詳しく知りたい方は以下のページで解説しています。

http://international-ebook-marketing.com/ebook-business/kindle-registration/

 

4、電子化ファイル(EPUB)を作成する

アカウントを取得したら、次に電子化の作業に移っていきます。
「1」で作成した原稿を元に、電子化は進めていきます。
電子書籍はEPUBという仕様が採用されており、現在はEPUB3.0規格が標準です。

電子書籍の日本への普及とともに、規格も変わってきました。
例えば、数年前までは日本語のような縦書きに電子書籍は対応していませんでした。
その頃の規格はEPUB2.0です。

EPUB3.0規格が標準になってからは縦書きが当たり前になり、
現在はEPUB3.0の仕様通りに作成していく必要があります。

電子書籍のパッケージング方法は以下で詳しく説明しているので、ぜひ見てみてください。

 

5、EPUBの出版手続き

電子ファイルができたら早速出版していきましょう。
KDPの管理画面にアクセスし「新しい本を作成」をクリックしてください。http://kdp.amazon.co.jp

あとは、それぞれの項目を埋めて、最後に、

「保存して出版」

を押せば出版できます。

24時間以内には出版できるはずです。
Amazonでご自身が設定したタイトルをこ まめに検索して出版を確認してください。

これで出版ができました!